「2月15日☆涅槃会」

??1/4?ass=

皆様、お元気ですか?

ご無沙汰いたしております。

 

さて、2月15日はお釈迦様の入滅された日、

涅槃会です。

 

私が永年活動している

「自死自殺に向き合う僧侶の会」のHPに

久しぶりに「あなたに届けたい話」を掲載しました。

http://www.bouzsanga.org/forYou.html 

 

毎月2回、1日と15日に会員の僧侶からの

メッセージを掲載しています。

 

テーマは「今、苦しんでいる人へのメッセージ」

 

超宗派の僧侶の会ですので、

それぞれの信仰の中で、

仏法を拠り所として人々の苦悩に向き合いたいと

日々、活動しています。

 

私達からのメッセージ、

よろしければ、是非、ご覧下さいね。

 

春はもうそこまで来ているようです。

皆様、どうぞご自愛ください☆☆

 

 

ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

 

     

 

 

     

 

 

 

 

 

 

「光寿無量☆仏歴2563年」

 

  仏歴2563年(令和2年)

    今年もどうぞ宜しくお願い致します☆

 

いつも私の拙いブログを読んで頂き有難うございます。

あまり更新できなくて心苦しく思っていますが、

今年も新しい出遇いを楽しみに

ご縁を繋げていきたいと思っております。

どこかでお目にかかる機会がありましたら、

是非、お声をお掛け下さいね☆☆☆

 

   本願寺派布教使

   光善寺 坊守  棒遏≠団(眞理子)

「出遇いの季節☆☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆☆

気づいてみれば、もう11月。

ご無沙汰いたしております。

皆様、如何お過ごしでしたでしょうか。

 

10月から長男が築地本願寺の臨時職員になったり、

住職が入れ替わりに京都の勤式指導所に入所したりと、

バタバタしている内に、季節が変わっておりました。

東京ではそろそろ晩秋。木々の紅葉も始まりました・・・

さて、私は今、季節を飛び越えて北海道旭川の常例線に

来ております☆☆

今日から旭川の6ヵ寺で常例法座のご縁があります。

どんな出遇いが待っているのか、とても楽しみです。

JR石北本線。一両編成の電車です。

ローカル線の旅も常例線の楽しみの一つです。

旭川駅から1時間かけて石狩川を越えて上川駅まで行きます。

途中から雪が。。。この日が初雪になりました。

途中の停車駅も個性的な名前が多く、

思わず写真を撮りたくなります。

ほとんどはアイヌ語の音写を漢字に当てはめているそうですが、

どんな由来があるのか、聞いてみたくなりますね。

 

今日は上川町の浄圓寺様でご法縁を頂きました。

今回の講題は「出遇い〜遠く宿縁を慶べ」です。

旭川のお同行の皆さまと共に、

阿弥陀如来の大慈悲に、遇うべくして出遇あえた喜びを

味合わせて頂きたいと思っております。

 

2日目・・

今日は愛別町の乗福寺様に伺いました。

とても素敵な坊守さんと副坊守さんが笑顔で迎えて下さいました。

この日はご住職が開催されている151回目の講座仏教の日。

藤田徹文師の『わたしの浄土真宗入門』を

皆さんで輪読しているそうです。

昼食は本町・金富地区の婦人会の皆さまが作って下さった

トマトだけで作ったカレーライスを頂きました。

水を全く使わないで煮込んだカレーはとても美味しかったです☆

御馳走さまでした。

 

午後からは40分2席のご法座。

「出遇い」という講題で、

お念仏のみ教えに出遇えた慶びを共に味わせて頂きました。

乗福寺の皆さま・・

楽しい会話と笑顔のおもてなしを有難うございました☆☆

 

3日目。。

今朝起きたら、窓の外は一面の雪景色でした。

東京は昨日22度だったというのに、

さすが北の大地ですね。

 

今日はこれから東川町の永楽寺さまへ伺います。

こちらの前住職様は、現在、ご本山の実践運動中央委員会で、

副委員長をご一緒にさせて頂いている方です。

北海道教区の布教団長も務められていました。

元ブラジル開教使さんでもあります。

ポルトガル語がペラペラなのでしょうね〜☆

東川町は「写真の街」として有名なのだそうです。

その名の通り、街並みはどこを撮っても絵になる景色です。

永楽寺様もステキなお寺でした☆

こちらのお寺では「子供食堂」を町ぐるみで開催しています。

「ルンルン」という名前は山口県のO先生の主催されている

「ルンルン子供食堂」からの暖簾分け?との事です☆☆

 

前住職と若住職さんの「やる気エネルギー」の結晶だと思います。

それとやはり、地域と一帯となって行動できる人脈ですね。

詰まるところは、住職の人柄、人間性だと私は思いました。

ブラジルで培ったラテン魂?の賜かもしれませんね☆☆

雪道を車で何度も送って下さったも坊守さんも

温かくでとても素敵な方でした。

永楽寺の皆さま、ご縁を頂き有難うございました☆☆

 

4日目

今日は隣町、東神楽町にある鳳隆寺様へ伺います。

「報恩講の初日との事で少し身の引き締まる思いです☆

こちらでは平均で3日間、宗祖のご命日法要を勤めるそうです。

この日は朝から快晴で東神楽町の雪は

すっかり解けておりました。

ここは「花の街」として有名なのだそうです。

永楽寺のご住職様もご聴聞下さいました。

 

聞くところに依ると、

かつては報恩講中、常例の布教使について

ご門徒さんが近隣のお寺を巡って

ご聴聞されたていたそうです。

 

だから同じ話、つまらない話?を繰り返していると、

だんだんご聴聞の数が減って、

最後のお寺では聴聞する人が

居なくなってしまうのだとか。怖いですね〜。。

それがお育てというものでしょうか。

だから、旭川には有名な布教使さんが多いのかもしれません。

お昼は婦人会の方が手作りして下さった

カレーライスを頂きました。

今回2回目。

北海道と言えばやはりカレーライスなのでしょうかね〜

とても美味しく頂きました☆☆☆

鳳隆寺の皆さま、ご縁を有難うございました。

 

5日目

鷹栖町の誓光寺様です。

まだ新築の会館との事で、真新しい匂いがしておりました。

なんと、こちらは私のお寺のお隣さん、善光寺様の

若坊守さんの母方のご実家との事。

世の中、狭いですね〜。

つまり、こちらの前坊守さまはお祖母様。

10人いるお孫さんの中のお一人との事でした。

お隣の若坊守さんはとっても美人さんです☆☆

きっと自慢のお孫さんなのでしょうね〜☆

  

さて、この鷹栖町で有名なのが、

このトマトジュース。

「オオカミの桃」というブランド名で、

全国に知れ渡っているそうです。

私は初めて頂きましたが・・・

濃厚でとっても甘くて美味でした☆☆

皆様も是非、お試しくださいね〜

 

6日目、最終日です。。

今日は比布(ひっぷ)町の弘誓寺様に伺います。

 

最後のお取次ぎは、住職の僧侶仲間の

いとこさんのお寺でした。

前住職様が設立されたという老人福祉施設で、

ご法座の後、沢山のお年寄りを前に

15分の布教の時間を頂きました。

今でも毎月11日には、

こちらのご住職が説法をされるとか。

明るくてとても居心地の良い施設でした。

ここでお念仏に出遇えたお年寄りは幸せでしょうね☆☆

6ヵ寺のご縁を頂いた旭川の常例布教も

無事に終わりました☆☆

帰りは久しぶりの夜間飛行。。。

私の大好きな東京の夜景が眼下に輝いていました。

 

まるで宝石箱をひっくり返したような眩い光。

その光の一つ一つの中に人間の営みが存在するのです。

私がすべてだと思っている世界も

宇宙から眺めたら、

地球の表面のほんの片隅に過ぎない・・

 

ほんの少しだけ、上から目線で?

仏さまの領域にお邪魔したような、

大らかな気持ちになります。

さあ、羽田空港はもうすぐです。

皆様、お付き合い頂きありがとうございました☆☆

旭川のお同行の皆さま。。

ステキなご縁に感謝いたします。

これから雪解けまで、

どうぞ存分にご聴聞して下さいね。

また、お会い致しましょう☆☆

 

ごきげんよう〜☆☆     

 

 

 

            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「IN☆札幌別院」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆

暑中お見舞い申し上げます。

 

東京では猛暑が続いているようですが、

如何お過ごしでしょうか。

さて、私は9日〜16日まで、北海道の本願寺札幌別院で、

常例法座のご縁を頂いております。

久しぶりの飛行機ですが、やはり気になるのは外の景色。

ご覧ください!これが真夏の空の上。

沢山の積乱雲が連立しています。

この雲の中に入ったら大変です。

地上はさぞ、灼熱の世界でしょうね。

 

外気温はマイナス50度くらいなのに、

太陽の光がストレートに差し込んでくるので、

窓際はとても暑く感じます。

さて、こちらが本願寺札幌別院。

今日10日は境内で盆踊りが行われ、にぎわっています。

今日の気温は23度くらい。

夜は涼しい風が吹いて、上着が必要なくらいです。

初公開?札幌別院の布教使用のお部屋です。

リニューアルしたばかりとかで、とても綺麗。

最新型の自動洗浄トイレも室内にあります。

なんと!作務衣の準備まであって、サイズが選べます。

まるで旅館のようなおもてなし?

お風呂も布教使専用でいつでも自由に入れます。

いたれり尽くせりの心配りに感激です☆

 

お食事も当然○

朝食と昼食は賄いの方の手料理。

家庭的でとても美味しいので、毎回楽しみです☆☆

ご法座はご晨朝の5分法話と

毎日13:30〜40分2席のお取次ぎとなりますが、

ご熱心なお同行が毎日6~7人ご聴聞にお越し下さいますので、

8日間、違う話をしなければならないと言う点では、

布教使のスキルアップにもつながります☆

私もあるもの全部出し切って??

仏徳讃嘆☆頑張りたいと思います。

居心地が良すぎて、帰りたくなくなるかもしれませんが・・

 

これから台風が直撃の地域もあるようですので、

皆様、どうぞご注意下さいね。

東京以外の地域では、これからお盆でお忙しい季節です。

どうぞくれぐれもご自愛ください。

 

では、また、次回まで☆☆ごきげんよう〜

 

 

 

 

 

       

           

 

 

 

 

 

「ただ今、安居中☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆

大変ご無沙汰いたしております。

気づいてみれば、もう7月も終わりに近づき。。。

東京はお盆も終わりました。

皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて、私は今、ご本山の安居に来ております。

安居というのは、殿試に通って学階を取得した僧侶が、

その年のご論題を提要にそって一年かけて勉強し、

会読を通して研鑽し合う場所です。

 

令和元年のご論題は

「行一念義」「十二光義」「信心仏性」の3つです。

 

期間は7月18日から31日までの2週間。

場所は龍谷大学大宮学舎本館講堂(重文)です。

  

毎日、和上の本講と副講があり、とにかく勉強三昧の日々ですが、

日頃、不勉強の私にはとても良い刺激になっています。

期間中、会読が2〜3回回ってきますので、

この時ばかりは、どんな質問がきても答えられるように、

懸席する人は、宿泊先で必死に学んでおります(笑)

 

ただ、1年間も猶予があるのに、

ここに来て勉強しているようでは論外だと、

M和上様は叱責されたそうですが、最後まで足掻きたいのが、

凡夫というもので。。。

 

私は今日、初めて会読が当たり、10分間の問者の質問が、

緊張で2・3分のように感じました。

会読中、進行をされる典議和上のお顔も終わるまで、

よく見られませんでした。。

 

「あそこには魔物がいる・・」と、どなたも口を揃えて仰ります。

なるほど・・頭の中が真っ白になる瞬間があるようです。

 

それでも、得業2組→助教2組→補教2組と会読していくうちに、

ご論題は宗祖のみ教えを解き開き、4日目に典議和上より判決を

頂く事になります。

安居期間中、勧学和上は雲の上のお方。

正面玄関から学舎に入れるのも和上様方だけです。

学階というからには、きちんと順列が存在するのです。

 

さて、明日「行一念義」の判決は如何に。。。

あと、しばらくは会読が回って来ない?ので、

心静かに拝聴したいと思います(笑)

 

浄土真宗の僧侶はこんな事もしている・・と

いう事を

知って頂ければ嬉しいです☆☆

 

もうすぐ梅雨明けでしょうか。

京都は雨の毎日です。

 

皆様、これから猛暑に向かいますので、

くれぐれもご自愛くださいね☆☆

 

では、また次回まで。ごきげんよう〜☆☆

 

☆追伸☆

 

お陰様で初懸席の14日間、無事に終わりました。

終わってみると名残惜しいような。。

さて、来年のお題が発表されました!

8月1日はアゴラー(安居に懸席する僧侶の名称らしいです。)

にとっての新年なのだとか・・(笑)

来年の7月20日〜8月2日に向けて新たなスタートです。

 

本当に浄土真宗の僧侶の世界は、

いろいろな扉があって奥が深いな〜とつくづく感じます。

お寺だけが僧侶の居場所ではないのです。

 

宗派の活動、布教伝道の現場、勤式や雅楽などの法要、

そして安居や教学の世界。

 

それぞれの世界に極め人がいて、

日々精進している人がいて、

でも、そのすべてが阿弥陀さまへ仏恩報謝に繋がっている。

それが、大悲に救われていく私たちの歩むべき道だから・・・

 

梅雨明けと共に、猛暑が続いておりますが、

皆様、どうぞご自愛くださいね〜☆☆

ごきげんよう〜

 

 

 

 

 

 

 

      

 

          

 

 

 

 

 

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>



NEW ENTRIES