女性僧侶の癒しカフェ
<< 「ご正当☆」 | main | 「ラストスパート☆」 >>

「伝説になったNさん?」

皆様、今日は☆
夕べは夜通し、通夜布教をご聴聞しながら、寝たり起きたりと
寝不足気味で朝を迎えました。

さあ、いよいよ親鸞聖人750回目のご命日、ご正当ご満座です。
去年の4月9日より、65日、115座の法要が勤められました。

 
今日は全国から300人の僧侶が列衆として内陣に出勤しました。
これは、ご本山の法要を取り仕切る「式務部」も想定外の数とかで、
嬉しい悲鳴をあげていました。笑。。有り難いご縁ですものね〜
 

 
受付場所もいつもの場所から、龍虎殿という建物に変更に
なりました。ここで、自分の僧班(次席)を確認して、
記念品をいただきます。なつかしいお顔に会える場所です。

  
 
これから、法要の流れを会役者(えやくしゃ)という職種の方より
説明をうけます。300人が一同に会すと圧巻です。
衣の色はそれぞれの僧班を表しています。

上座から
仝穏臓覆┐鵑舷А豊⊃萄臓焚色)D昇臓平捨弌豊て炭臓覆茲發色)
ダ戯臓陛躾А豊上座(茶色)本座(緑)列座(青)

となっています。衣の色は修行の度合いでなはなく、お寺の格とか
ご本山への上納金の額とか、学階の位や役職、資格で決まります。
ちなみに私はダ戯造任后これは、布教使資格を頂くと5年くらいで
そうなるみたいで・・・私にも、よく分りません。笑。。
 
 

   
今年の光善寺永代経法要のご講師、私の法友のひとり。
シンガポールからの留学僧、オング・クリフトン師です。 
今年、龍谷大学大学院の真宗学の博士課程を卒業する秀才です。
もちろん、日本語ペラペラ・・・お経は中国語だから原文で
読めるんですって・・彼は中国語・英語・日本語が分るんです。
凄いですね〜。。1年に一度、ご正忌報恩講で会うのを
楽しみにしています。

 
法要終了後、今回のご正当法要の皆勤賞が式務部の長である
会行事から授与されました。
1月9日〜16日まで、朝06:00〜、日中10:00〜、
逮夜14:00〜の一日3座に出勤された方は33人いました。
素晴しいですね。そんな時間とご縁に恵まれた事は羨ましい限りです。
でも、なかなか出来るものではありませんよ〜。
朝早いし、寒いし、正座が辛いはずですもの。

 
なんと、クリフトンも皆勤賞です。素晴しい☆☆
おめでとうございます!

 
もっと凄い人がこの方。Nさん。私と巡讃資格を取るための
講習がご一緒で、それ以来、毎年ご本山で会うのを楽しみに
していた方なのですが・・・・前人未到?の伝説になられました。
なんと、65日、115座の全部を皆勤されたのです!
凄すぎます!!大阪から毎朝、始発で通われたそうで・・・

 
この快挙に女性僧侶から花束が贈られました。
ご褒美は「五条袈裟」だとか。授与されるのはNさん一人です。
これからは「名誉列衆」とお呼びしようと、いう事に?笑・・
本当に、おめでとうございました。そのご恩報謝の姿勢に
皆、学ばせて頂きました。

 
ちなみに、皆勤賞のご褒美はこれ!この750回忌大遠忌法要で
ご門主様が散華した華葩(けは)が使われているそうです。
50年に1度ですからね〜。生涯の宝物になりますね。

 
これが、すべての出勤僧侶が頂いた、記念品です。
親鸞聖人直筆の「顕浄土真実教行証文類(教行信証)」の
最初の「総序」の写しです。親鸞聖人のご領解のエッセンス
とも言える素晴しい文章です。
50年後はもう、娑婆の縁が尽きていると思うと、
本当に有り難いご縁にただ、感謝するばかりです。

ご門主様が発布されたご消息の中で「親鸞聖人750回大遠忌」に
参拝したくでも、様々な事情でする事ができなかった方々の存在を
忘れてはなりません・・とありました。東日本大震災で犠牲になられた方、
被災された方、を思われたお言葉かもしれません。

だからこそ、このご縁に遇わせていただいたことを、「当たり前」だと
思うことなく、宿縁に心から感謝したいですね。
そして、この喜びを多くの方に伝えていきたいと思います。

皆様、最後までお付き合い頂きまして、有難うございました。
それでは・・まだ☆ごきげんよう〜☆☆




                 



                                    

      
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>



NEW ENTRIES