<< 「常例線☆山形編」 | main | 「秋探し☆」 >>

「彼岸花☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆

暑さ寒さも彼岸まで。。と言いますが、

東京はまだまだ猛暑が残っていますね。

さて、常例線が終わって休む暇なく?

3年前よりお約束していた都留組如来寺様「秋季彼岸会」の布教で、

山梨県下吉田へ伺わせて頂きました。

坊守様が富士急行「下吉田」駅で待っていて下さって感動☆

その後、ご住職様が車で河口湖周辺をドライブして下さいました。

 

富士山麓のこの辺りには、聖徳太子にまつわる言い伝えが多く、

関東から京都へ帰洛途中の親鸞聖人も立ち寄られ、

その時、直接教化された開基を頂くお寺が数ヶ寺かたまっており、

お念仏のご縁が篤い土地柄との事です。

如来寺様のご住職様と☆(撮影は坊守様)

芸術に造詣の深いご住職さまは、一見、画伯?という印象です。

こちらの坊守様とは、以前、寺族女性連盟でご一緒させて頂きました。

とてもエネルギッシュで素敵な女性です☆

  

こちらは坊守様が描かれた「リアルご絵伝?」

実は坊守様も多くの絵を描かれています。

ご本堂にはお二人の作品が沢山飾ってありました。

 

このご絵伝は、お寺の幼稚園児の為に描かれたそうです。

親鸞聖人のご一生が可愛い絵で描かれていますね☆

その発想と行動力に頭が下がります。

きっと報恩講の時にお話されるのでしょうね。

どのような仕掛け?が分かりませんが、こちらのご本尊は、

厨子から光明を放っているかのように眩く輝いて見えます。

思わず合掌したくなる素晴らしい演出です。

 

また、法話の後、お同行の代表がご自分の法味を語る時間があり、

とても素晴らしい御座だと感動しました。

 

お念仏のみ教えは、僧侶の布教だけではなく、

信心を頂いたすべての人が、その喜びを直接語ることで、

より弘く伝わっていくのかもしれませんね。

 

今度、うちのお寺でも「法味を語る」会をしてみようかしら?

如来寺の皆様、有難うございました。

境内にひっそりと咲く「彼岸花」。

今年のお彼岸は雨模様が多かったせいか、

鈍よりとした天気の中、鮮やかな真紅の色が沁みるようでした。

 

気づいたら、もう9月も終わりですね。

だんだん、日が短くなって寂しい気持ちになる頃です。

パーと、抜けわたるような青空が早く見たいですね☆

 

では、皆様、次回まで。。

ごきげんよう〜☆☆☆

 

 

 

 

            

 

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



NEW ENTRIES