<< 「法縁☆」 | main | ラジオ放送「みほとけとともに」 >>

「報恩講の季節☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆

木枯らしが吹く季節になりました。

今、紅葉が綺麗ですね〜

今年の秋は本当に短かった気がします。

皆様、如何お過ごしでしょうか。

 

早いもので、報恩講の季節となりました。

先日、11日〜16日まで、

築地本願寺でも「報恩講」がお勤まりになりました。

13日の私の堂内布教をご聴聞下さった皆様、

有り難うございました。

今回は、私にとっていろいろと反省する事ばかり・・

これも、お育てですね☆有り難い事です☆☆

さて、こちらは逗子からほど近い、三浦半島にある専福寺様。

「報恩講」のご縁を頂き、初めて伺いました。

こちらの副住職と若坊守様はお二人そろって布教使。

どちらも教区でご活躍されています。

 

夫婦でご法義をお取り次ぎしながら、ご門徒さんをお育てし、

お寺を守っていらっしゃるお姿に、宗祖と恵信尼様を重ねるのは、

私だけでしょうか☆☆とても素敵なご夫妻です。

 

浄土真宗の素晴らしいところは、女性の居場所がお寺の中に、

最初から有ることだと私は思っています。

特に住職の妻である坊守さん(一般に)の存在は、

浄土真宗のお寺では欠かせません。

他宗さんの場合「住職の妻」という存在は建前上、

存在しないそうですので、お寺に住む女性は母も妻も娘もすべて

「寺庭婦人」というそうですよ。これも、宗祖のお陰ですね☆☆

境内からの眺め・・・海が目の前なのです。

毎日、リゾート気分だと思いきや、潮風が大変なのだとか。

熱心なお同行の皆様と共に、親鸞聖人の恩徳に深く感謝する一時を

頂きました。ご聴聞頂いた皆様、有り難うございました☆

 

さて・・・・ここは、どこだかお分かりでしょうか?

そう!朝6時前のご本山です。また、夜が明けきっていません・・・

教区の中央委員を拝命している私は、築地本願寺の報恩講の最中、

常任委員会の為に京都へ。

 

常例布教から早いもので3週間、すっかり木々が色づいておりました。

もちろん、毎朝、お晨朝に参拝している真宗教会の皆様も健在☆

ただただ、「有り難い」の一言です。

お晨朝が終わってみると、こんな感じ・・・

向こうに見える大銀杏は、前回の台風で大枝が折れてしまいました。

それでも、逞しく大地に根を張って生きています。

もうすぐ、全体が金色に輝くのでしょうね。

何ごとも常住ではないけれど、いつもの見慣れた光景が失われた事に

何故か心が痛みます・・

今回、初めて知った事。16日の親鸞聖人のご命日には、縁日が立つのです。

築地本願寺でも「安穏市」が立ちますが・・

規模は少し、遠慮気味かしら?

やはり、門前の開明社に気を使っているのでしょうか・・・

フリーマーケットでもすれば、外国人が沢山集まると思うのですけど?

今、外国人の骨董熱はすごいそうですよ!

 

23日は光善寺の報恩講。。

なんでも、長男が中仏の仲間を4人も連れてくるのだとか。

私はバタバタの一日ですが、新しいご縁、どうなることか楽しみです☆

 

では、また次回まで。。。

ごきげんよう〜☆☆

 

☆追伸☆

お陰様で23日、沢山の有縁の皆様にご参拝頂き、

無事に光善寺「報恩講法要」をお勤めすることが出来ました。

記念布教は、昨年と同じ元中央仏教学院院長、北畠晃融師でした。

とても優しい語り口調で、阿弥陀如来の恩徳について分かり易く、

有り難く、門信徒の皆様と共に、お味わいさせて頂きました。

中仏生の皆さんも、熱心に習礼をされていました。

『宗祖讃迎作法』もうバッチリですね。散華も上手でしたよ☆

皆様、遠方よりお越し頂き有り難うございました☆☆

 

これで、今年のお寺での行事はすべて終わり。。

後は来年度の事務仕事を残すばかりです☆☆

お寺の1年は行事に追われて、本当にアッという間です。

カレンダーもあと1枚。。。

皆様、どうぞご自愛下さいね。

 

では、また。。。

ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

                   

 

 

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>



NEW ENTRIES