<< ラジオ放送「みほとけとともに」 | main | 「仏歴2561年☆」 >>

「仏恩報謝☆☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆☆寒くなりましたね。

東京も木枯らしが吹いています。

 

12月8日はお釈迦様がお悟りをひらいた「成道会」

築地本願寺では恒例の「成道会布教大会」があり、

沢山の方がご聴聞に来てくださいました。

 

夜は麻布組寺族会(坊守さんの勉強会)の「報恩講」

ご講師の本多先生のご法話の後、坊守さん達とお斎を頂きながら、

「本当に1年が早かったわね〜」と忙しかったお寺生活?を

振り返りながら、盛り上がりました☆☆

さて、ご本山の銀杏もいよいよ見納めですね。黄色の絨毯が見事です。

4月から毎月、修学院別科に通って来ましたが、

今年もあと2回を残すばかり・・・

もちろん、修学院でも「報恩講」をお勤めします。

まさしく、究極の贅沢と言いましょうか・・・・

導師は徳永一道勧学寮頭和上。法話は内藤智康勧学和上です。

 

「報恩行とは見返りを求めない心でするもの・・・」

 

ギブ&テイクの世の中で、

頂きっぱなしなのが、如来大悲の恩徳ですものね。

返しても返しきれないのが、

ご恩というものだとお聞かせ頂きました☆☆

こちらは、僧侶養成学校「中央仏教学院」の寮生による報恩講。

また、違った意味で有難いご法要でした。

この学校のキャッチフレーズが「1年でこんなに変わるとは・・」

なのですが、まさに、その言葉どおり。。

夏休み前までは、あんなに嫌々?愚痴ばっかりこぼしていた息子の、

この変わりようったら・・・

あんまり、立派すぎて、驚きを超えて感動しました☆☆

 

導師は同じ麻布組のM君、長男は結衆で散華頭。

何日も夜遅くまで習礼したらしく、

作法も声明も全員が揃っていて素晴らしいの一言☆

法話も粗削りですが、自分の言葉で仏法に出遇えた喜びを

語っていて、とても心に響きました。

寮生は6班が毎日交代で6日間「報恩講」をお勤めし、

学校では、通学生が中心となり、また「報恩講」が1週間あるそうで、

本当に「仏恩報謝」三昧の日々を送りながら、僧侶としての自覚を

育て、深めていくのだと思います。

 

指導講師の先生が、

「仏恩とは何か。何に報謝するのか・・それを考えながら、

2週間、報恩講に真剣に向き合って下さい・・・」

と学生に講評されていて、本当に有難いな〜と思いました。

 

今、宗門でも「10年・20年後の日本社会で求められる僧侶像」を

視野に入れて、いろいろと思案されているようですが、

「鉄は熱いうちに打て!」の言葉どおり、

すべてにおいての最初の「出遇いと感動」が肝心だと私は思います。

 

素晴らしい師に導かれ、法友と切磋琢磨しながら、ご本願に出遇う。。

中仏では学院長の北塔勧学和上が、

寮で学院生と寝食を共にして下さっています。

 

親鸞聖人が法然聖人に出遇って、ご本願に帰していかれたように、

そこが、すべての始まりなのではないでしょうか。

 

なぜなら、彼らこそが、10年後、20年後、

自信教人信の心で、多くのお念仏者を育ててくれる

「金の卵」だと思うからです。

 

「報恩講中は夕食に魚だけでなく肉も出て嬉しい。。」

 

これは、情けなくも息子の言葉。笑。。

なんでも寮の食事は魚ばかりなのだとか・・・

そういえば、伝道院でも水曜日のカレーライスの日は、

朝からテンションが高かったような。。

寮生の細やかな楽しみ・・やはり、食事ですかね?☆☆

 

宗祖は20年も厳しい修行をされたのです。

だからこそ、ご本願に出遇えた時の喜びは大きかったはず。

中仏はたった1〜2年。大いに自分と向き合って葛藤して下さい☆☆

 

すべては「助からない者を助けて下さる」

阿弥陀如来への仏恩報謝です。

 

 

 

では、また次回まで。。

ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

   

                    

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>



NEW ENTRIES