「面授の門弟☆☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆☆お元気ですか?

早いもので、もう6月。

梅雨入り前というのに猛暑が続いています。

さて、私は先週、恒例の麻布組寺族会親睦旅行「五月会」で、

日帰りバスツアーに参加してきました。

行き先は、大磯にある善福寺様。

  

こちらは親鸞聖人の面授の門弟、

関東六老僧の一人、平塚入道了源上人によって建立されたお寺です。

 

曽我兄弟の仇討ちとして有名な兄、曽我十郎祐成の子、

祐若がこの平塚入道の俗名とか。

ご住職から、お寺の歴史を学ばせて頂きました。

 

今回の目的は、このお寺の寺宝であるご影像にお会いすること。

このお方、どなただと思いますか?

眼光するどく、エネルギーに溢れたお姿・・

 

善福寺様が開基より、永年にわたりお給仕され、

守られたきた「親鸞聖人坐像」です。

聖人が関東に住まわれ教化されていた壮年期のお姿を

伝えていると言われています。

私達が馴染んでいる姿は、京都へ戻られてからの晩年のお姿なので、

猛々しい親鸞聖人のお姿を拝見してとても感動的しました。

でも、そうでなければ20年にわたり、

他力念仏み教えを精力的に、関東一円に流布することは

不可能だったにちがいありませんね。

 

しかし、現在はこの像は「木造伝了源坐像」として、

国の重要文化財に指定されています。

平成4年に指定を受ける際、認定基準として、

西本願寺所蔵の「鏡の御影」等に表現されている特徴

“が跳ね上がって、襟首に帽子(もうす)を巻き

J∩阿念貊鼎稜絢遒鮖つ

を認めないという事で聖人ではないと判断されたそうです。

 

その後、伝承に基づき、専門家に再調査を依頼した結果、

関東門弟の費用で建立されたとされる

京都東山の親鸞聖人御廟に安置されている親鸞聖人坐像と

同じお姿とのことです。

言い換えれば、関東門弟にとって、

阿弥陀仏に対する心からなる合掌の姿こそが、

親鸞聖人の当初のイメージだったのではないか・・

と筑波大学の今井雅治先生は分析されています。

  

インスタ映えする善福寺様の看板むすめ?

キティちゃんもじっとポ−ズをとってくれました☆☆

可愛すぎ〜☆☆お念仏ニャンコです。

お楽しみのランチはあの有名パテイシェ鎧塚さんのお店。

故、川島なおみさんのご主人様です。

相模湾を一望できる丘の頂上に建つ、自然に囲まれた素晴らしい環境。

まるで、フランスの田園風景のようです。

ここで、お二人で描いた沢山の夢があったのでしょうね。

でも、今、その夢はご主人様が着実に育てているようです☆☆

ここで採れた新鮮野菜たっぷりの前菜とデザート。ああ幸せ☆

その後、地酒工場で見学と試飲?こんな贅沢、たまにはいいですよね?

お酒造りは真冬に始まります。ここは葉山が近いしお水がいいそうですよ。

坊守の皆さんもそれぞれに試飲され、お買い上げになりました☆

ちなみに私もいい気分に乗じて?左の桜の香りがついたお酒を

お土産に買いました☆☆帰りは気づいたらもう、麻布でした。笑。

バス旅行の1番のメリットですね。

 

来年はどこへ行くのでしょうか?今から楽しみです☆

日頃、あまり会話する機会のない坊守さん(住職の妻)と、

ゆっくり話ができる旅行会は本当に貴重な機会だと思います。

情報交換、悩み相談。。そんな細やかな時間が坊守は嬉しいのです☆

 

これから梅雨入りですね。

皆様、どうぞご自愛ください☆☆

では、又次回まで。。ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シネマ法話☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆

ゴールデンウィークは如何お過ごしだったでしょうか。

私は伝道院での恩師、福間義朝先生から突然、

「ゴールデンウイーク暇かな・・」

と電話を頂き、内容をよく把握しないまま?

先生が東京教区の若手の勉強会として指導されている

「シネマ法話」で20分の法話をさせて頂きました。

 

映画を題材にして、ご法話をするのですが

ストーリーを簡潔にまとめて話すだけでも15分、

それから、ご法義と合法で5分。。

かなりの難しさ。

いつもは使わない領域の脳みそを沢山使いました。笑。

 

先生は若い頃、目の前の出来事を例話にして、

法話を考える訓練をされていたとか。

身近な例話で、仏法を説く事ができれば、

時代遅れになる事はありませんものね。

 

ご門主様が布教使に期待されている

「国の内外の人々に、浄土真宗のみ教えを正しく、

分かり易く伝えていく・・」

というのは、こんな地道な努力から実現するのかもしれません。

 

それにしても、最近の若手布教使の方は本当に勉強熱心で、

頭が下がります。

 

「奇跡のりんご」

「マッチステイック・メン」

「父の初七日」

 

どれも私の知らない映画でしたが

ご讃題に添って、有り難いご法話をされていました。

もちろん、すぐに映画を観たくなりました!!

 

私が選んだのは「美女と野獣」

どんな法話だったかは内緒ですけど・・・

「愛」を渇愛として煩悩の同義語として考える仏教の中で、

真実の愛をテーマにした映画を例話にするのは、

とても有意義で、勉強になりました。

先生からも、沢山ご指導を頂き、感謝、感謝です☆☆

 

この「シネマ法話」はちょっとしたブームになりそうですので、

皆様も機会があれば、是非、ご聴聞してみて下さいね。

 

では、明日から平常の日々が・・

お疲れができませんように、どうぞご自愛下さいね。

次回まで。。

ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

 

             

 

            

 

 

「新しい命の輝き☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆☆

今年は桜が早咲きだった分、もう、新芽が一杯。

花粉症もそろそろ終息でしょうか?

ご本山の銀杏にも、新しい「いのち」が芽吹いています。

こちらは、去年、台風で枝が折れてしまった銀杏。

心配していましたが、ご覧のように逞しく生きています☆

その「いのち」の輝きに生命のエネルギーを感じます。

 

私も4月からまた新しい年度の始まりです。

教区の委員会は任期が切れるのですが、次の任期はどうなることやら。

ご本山でも、新しい部会の専門委員に任命頂き、

しばらくは、京都通いが続きそうです。

毎月の執筆もありますし、修学院別科でも引き続き。。

 

「仕事は断らない。」をモットーにしてきたのですが、

そろそろ体力&気力との相談?になるかもしれませんね。笑。。

自然界の生命エネルギーを思い切り充電したい今日この頃です。

 

天候が不順のようです。

皆様、どうぞご自愛下さい。

 

では、また次回まで。。

ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

 

         

 

 

「太陽とひまわり」伊藤嘉祐

おてんきご案内おてんき     

 

本願寺新報4月10日号「いのちの栞」に書かせていただいた、

伊藤嘉祐さんの遺稿「太陽とひまわり」への問い合わせが

多いようですのでご案内します。

 

この本は伊藤さんの満中陰の際にご遺族が関係者に配られたもので、

書店では手に入りません。

ただし、ご遺族のご好意で手元に残っている分を

お譲りいただけるようですので、ご希望の方は

直接、お問い合わせください。

原価は1000円との事です。

 

  

 

有限会社 岩田屋 伊藤佛具店

電話075(371)6333

 

製作 自照社出版

 

 

NEW!追伸

 

滋賀の坊守さまが、岩田屋さんをお訪ね下さり、

直接、本をお求め下さったとか・・・

ご家族もとても喜んでいらっしゃいました。

有り難うございました☆☆

 

 

 

 

「新しいご縁☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆如何お過ごしでしょうか。

今年の桜は例年より早く咲いた分、もう、散り始めていますね。

早いもので今日から4月、新しい出会いの季節です。

私の家族も今年は・・・

 

長男→無事?に中仏を卒業し、教師資格取得(住職資格)

   引き続き、中央仏教学院研究科進級。

二男→大学入学、コンピュータ応用学科。

 

と、節目を迎えております。

私も12年間、毎朝作り続けた「お弁当」から卒業します。

もう、前日にお弁当のおかずを考えなくていいと思うと、

嬉しいような、寂しいような・・・

 

しかし、今度は子供達の進路や就職、結婚など、

やはり、親としての悩みは尽きないのかもしれませんね。

いつになったら、子離れというのは完結するのでしょうか・・

孫が生まれた・・などという報告を聞くと、

本当に羨ましく思います。

私にそんな未来が来るとは、どうしても思えなくて?笑。。

 

さて、皆様にご報告があります。

この4月から1年間「本願寺新報」の「いのちの栞」という欄で

エッセイを書かせて頂くことになりました。

 

本願寺新報は毎月、1日、10日、20日の3回発刊なのですが、

私の担当は10日発刊号です。

 

今までは、勧学和上が担当されていたのですが、

もう少し、浄土真宗にご縁の薄い方にも読んで頂けるように、

易しい内容で、難しい用語を使わずに書いて欲しいという事で、

女性布教使、3人が担当する事になりました。

1日号は大分の水之江陽子先生、20日号は京都の釈氏真澄先生です。

 

今まで私がご縁を頂いた、身近な方々との出遇いを通して、

阿弥陀さまのお慈悲の温もりをお伝えできればと思っています。

つまり、このブログの延長です☆☆

 

最初の登場は京都の岩田屋さん、

5月は福間先生・・

皆、知り合いばかりです。笑

そのうち、真生さんにも登場してもらおうかと思っています☆

皆様、どうぞ楽しみにしていて下さいね。

 

以上、ご報告まで☆☆☆

 

では、次回まで、お元気で。。

ごきげんよう〜☆

 

 

 

          

 

 

           

 

 

 

 

 

 

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>



NEW ENTRIES