「みんなのお寺☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆

今日から3月。春一番が吹いています。

お変わりございませんか?

さて、昨日は久しぶりの「みかづき会」の定例会で

戸塚の善了寺様を訪れました。

なんでも、お寺の中にカフェができたとかで。。。

ここですね〜☆かつての「聞思堂」という説法所が

カフェに様変わりしておりました。

「カフェ・ゆっくり堂」

すべてオーガニック食材を使ったスローフードのお店です。

「みかづき会」とは坊守友達とのお食事会の名称。

3ヶ月に一度、ストレス解消の為に美味しいものを食べよう!

と始めたのがこの会の由来です☆☆ただし会員は3名のみ。

 

メンバーの一人、ここのお寺の坊守さんMちゃんは

私の東京仏教学院の同級生。

今から20数年前、二人とも普通の家からお寺に嫁ぎ、

共に一から浄土真宗のみ教えを学んだ法友です。

 

お勉強も良く出来て、卒業式では彼女が「本願寺賞」

ちなみに私は「築地別院賞」でした☆

やっぱり、お寺の息子さんは勉強が嫌々だからでしょうかね〜

そんな彼女は坊守さんとして、高い理想を掲げるご住職様と二人三脚。

一つ一つ理想を実現するために、

近隣の人達との繋がりを大切にしながら、

お念仏のみ教えを伝えて来られました。

スゴイですね〜☆☆

お寺でこれだけの行事をされているのです。

 

しかも。。

Mちゃんが社会福祉士の資格を持っているので、

境内で「還る家ともに」という高齢者のデイケアを

しています。伺った時は、お年寄りの皆さんが楽しそうに

お昼ご飯を食べて居ました。

作っているのは、お寺の婦人会のボランティアの方とか。

 

そして。。

新しくなったご本堂の壁は、ご門徒さん達が一緒に土をこねて、

住職家族と造ったものです。

私もその時の様子を画像で見せて貰いましたが、まさに、

多くの人がみんなで力をあわせて作り上げたご本堂なのです☆

天然素材だけで造り上げたご本堂の内部。

手作り感が一杯の、本当に素敵な空間でした☆☆

朝7時のお朝事には、近隣の方が決まってご参拝になるとか。

本当にご住職様の熱意には頭が下がります☆☆

 

さて。。

カフェの中はこんな感じ。。正面にご本尊が安置されています。

今日は足裏マッサージの先生が出張されていました。

他にヨガや茶道教室に場所を提供しているそうです。

こちらも木のぬくもりを感じる素敵なスペースです。

オーガニック食材を使った手作りのパンを始め、

すべてが体にやさしいスローフード。

スローライフの提唱者、明治学院大学の辻教授のお弟子さん達が、

経営しているそうです。

この日は、お寺の書道教室に来たご門徒さんや近所の方が、

ゆっくりと時間を過ごしていらっしゃいました。

 

もちろん、坊守3人も日頃たまったストレス解消?の為に

美味しいお食事・コーヒーを楽しみながら、

お喋りに時間を忘れたのは言うまでもありません☆☆

 

今、宗門では「10年20年後の日本社会で求められる寺院像」の中で、

坊守の資格や研修に手を付けようとしていますが、

私は坊守さんは資格ではなく、門徒さんと共に悲喜交々分かち合う中で、

育てられていくものだと思っています。

 

そして、浄土真宗のお寺の坊守さんは皆、子育てや親の介護をしながら、

お寺の為に頑張っています☆☆

なんといってもお寺の看板娘ですから。。

一番嬉しいのは、坊守も共に阿弥陀様に救われていく1人だと言う事です。

もちろん住職さんも。。

 

皆様も戸塚にご用があるときは、是非、「カフェゆっくり堂」で

スローな時間をお楽しみ下さいね☆☆

 

では、また次回まで☆☆

ごきげんよう〜

 

  

 

 

 

          

 

 

 

 

「親鸞聖人ごのみ☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆☆

冬ですね。雪は大丈夫だったでしょうか?

東京のお寺は雪に慣れていないので、

住職は楽しさ半分?雪かきを頑張り過ぎて、

今、腰痛だと言っております。笑。

 

さて、今年の「ご正忌」報恩講も無事に終わりました。

今年は長男の成人式もあり、住職と交代で、

14日、15日、16日と参拝させて頂きました。

15日は日中法要と逮夜法要に長男と出勤☆

女性僧侶の皆様も相変わらずご健在で、

皆勤賞を目指し頑張っていらっしゃいました。

 

私よりも年上なのに、お姉様方は本当にスゴイ☆

朝の寒さと言ったら半端じゃありませんから・・・

内陣は居眠りしたら、凍死する?寒さだそうです。怖。

 

「今年はどんな中啓(僧侶が持つ扇子)貰えるやろな〜」

「皆勤賞3年目で、今年はご門主様と記念写真だから、

 ばっちり美容室に行ってきたで〜」

 

皆様、ご褒美が楽しみで頑張っているのが本音の様ですけど?

親鸞聖人の大ファンである事には間違いないようです。

 

そして、今年、私のブログを読んで下さっているという、

可愛い高校生のお嬢さんに会いました。

学校の合間に、滋賀から通ってきて出勤されているとか・・

まさに「金の卵」ちゃんです☆☆

 

これからは、お寺のお嬢さんも、お婿さんを探す・・ではなく、

積極的に自らが僧侶になる道を歩んで欲しいな〜と思います。

 

この道は宗祖のみ跡を慕い、

他力念仏のみ教えを護り伝える尊い道。

阿弥陀如来のご本願のはたらきの中に、

男女の区別など、初めから存在しないのです。

 

皆で10年、20年先の、

素敵な住職さんを育てたいですね☆☆

 

ところで、皆様は「築地本願寺カフェ」へもう行かれましたか?

私は結構、ハマッています☆

お勧めは「親鸞聖人ごのみのハーブティー」

口の悪い人が、小豆が入っていれば皆、「親鸞聖人好み」と

言っていましたが・・・笑

親鸞聖人のご遺徳に想いを馳せながら、

ゆっくりとした時間を是非、お過ごし下さいね。

 

では、また、次回まで☆

ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

 

        

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「仏歴2561年☆」

??1/4?ass=

新しい年が明けました。皆様、如何お過ごしでしょうか。

今年は平成30年。色々な意味で節目の年となりそうですね。

ご本山、京都西本願寺でも第25代専如ご門主が伝燈を継承され、

新しい時代が始まりました。昨年の伝灯奉告法要には、

海外も含め約15万4千人の参拝者がありました。

その法要の初日、ご門主はご親教「念仏者の生き方」の中で、

阿弥陀如来の智慧と慈悲のハタラキによって、

真実信心を頂き、必ず仏とならせて頂く身に定まった念仏者は、

仏様のような清らかな行いはできなくてとも、

少しでもその御心に叶うように、他者の苦しみを我が苦しみとし、

他者の喜びを我が喜びとするような生き方を目指し、

努力させて頂く人間になるのです。

と具体的に私達の生き方をお示し下さいました。

 

また、仏教婦人連盟の副会長さんは、

「これからは、門徒がお寺を選ぶ時代。やはり、

自分や家族の苦しみに寄り添ってくれる僧侶が居るお寺。

きちんと仏法を説いてくれるお寺を選びたい。」

と発言されていました。

光善寺も近い将来の世代交代を視野に、

そんなお寺を目指したいと住職共々願っています。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 釈 眞諦

 

 

 

 

 

 

               

「仏恩報謝☆☆」

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆☆寒くなりましたね。

東京も木枯らしが吹いています。

 

12月8日はお釈迦様がお悟りをひらいた「成道会」

築地本願寺では恒例の「成道会布教大会」があり、

沢山の方がご聴聞に来てくださいました。

 

夜は麻布組寺族会(坊守さんの勉強会)の「報恩講」

ご講師の本多先生のご法話の後、坊守さん達とお斎を頂きながら、

「本当に1年が早かったわね〜」と忙しかったお寺生活?を

振り返りながら、盛り上がりました☆☆

さて、ご本山の銀杏もいよいよ見納めですね。黄色の絨毯が見事です。

4月から毎月、修学院別科に通って来ましたが、

今年もあと2回を残すばかり・・・

もちろん、修学院でも「報恩講」をお勤めします。

まさしく、究極の贅沢と言いましょうか・・・・

導師は徳永一道勧学寮頭和上。法話は内藤智康勧学和上です。

 

「報恩行とは見返りを求めない心でするもの・・・」

 

ギブ&テイクの世の中で、

頂きっぱなしなのが、如来大悲の恩徳ですものね。

返しても返しきれないのが、

ご恩というものだとお聞かせ頂きました☆☆

こちらは、僧侶養成学校「中央仏教学院」の寮生による報恩講。

また、違った意味で有難いご法要でした。

この学校のキャッチフレーズが「1年でこんなに変わるとは・・」

なのですが、まさに、その言葉どおり。。

夏休み前までは、あんなに嫌々?愚痴ばっかりこぼしていた息子の、

この変わりようったら・・・

あんまり、立派すぎて、驚きを超えて感動しました☆☆

 

導師は同じ麻布組のM君、長男は結衆で散華頭。

何日も夜遅くまで習礼したらしく、

作法も声明も全員が揃っていて素晴らしいの一言☆

法話も粗削りですが、自分の言葉で仏法に出遇えた喜びを

語っていて、とても心に響きました。

寮生は6班が毎日交代で6日間「報恩講」をお勤めし、

学校では、通学生が中心となり、また「報恩講」が1週間あるそうで、

本当に「仏恩報謝」三昧の日々を送りながら、僧侶としての自覚を

育て、深めていくのだと思います。

 

指導講師の先生が、

「仏恩とは何か。何に報謝するのか・・それを考えながら、

2週間、報恩講に真剣に向き合って下さい・・・」

と学生に講評されていて、本当に有難いな〜と思いました。

 

今、宗門でも「10年・20年後の日本社会で求められる僧侶像」を

視野に入れて、いろいろと思案されているようですが、

「鉄は熱いうちに打て!」の言葉どおり、

すべてにおいての最初の「出遇いと感動」が肝心だと私は思います。

 

素晴らしい師に導かれ、法友と切磋琢磨しながら、ご本願に出遇う。。

中仏では学院長の北塔勧学和上が、

寮で学院生と寝食を共にして下さっています。

 

親鸞聖人が法然聖人に出遇って、ご本願に帰していかれたように、

そこが、すべての始まりなのではないでしょうか。

 

なぜなら、彼らこそが、10年後、20年後、

自信教人信の心で、多くのお念仏者を育ててくれる

「金の卵」だと思うからです。

 

「報恩講中は夕食に魚だけでなく肉も出て嬉しい。。」

 

これは、情けなくも息子の言葉。笑。。

なんでも寮の食事は魚ばかりなのだとか・・・

そういえば、伝道院でも水曜日のカレーライスの日は、

朝からテンションが高かったような。。

寮生の細やかな楽しみ・・やはり、食事ですかね?☆☆

 

宗祖は20年も厳しい修行をされたのです。

だからこそ、ご本願に出遇えた時の喜びは大きかったはず。

中仏はたった1〜2年。大いに自分と向き合って葛藤して下さい☆☆

 

すべては「助からない者を助けて下さる」

阿弥陀如来への仏恩報謝です。

 

 

 

では、また次回まで。。

ごきげんよう〜☆☆

 

 

 

   

                    

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラジオ放送「みほとけとともに」

 

??1/4?ass=

皆様、今日は〜☆☆

早いもので12月ですね。昔は「師走」といいましたが、

お坊さんが忙しく走り回るところから来ているそうです。

 

私は東京と京都の往復でしたが、大きな行事が終わって、

ちょっと小休止と言うところでしょうか。

ご本山の銀杏。今、見頃です☆☆

観光客もインスタ映えすると聞きつけて、

沢山、境内に集まっていました。本当に情報が早いですね〜☆

こちらは、例の台風で枝が折れてしまった銀杏です。

痛々しい姿ですが、精一杯に輝く命の躍動が伝わってきます。

 

でも、ご覧のように、誰も写真を撮っていません。

人間の分別は銀杏にまで優劣をつけるという事でしょうか・・

基準はもちろん、インスタ映えするか、しないか・・ですね☆☆

人間の感性がだんだん鈍くなってきているように感じるのは、

私だけでしょうか・・

 

 

ところで、突然ですが・・

 

明日、朝の5:10より文化放送で、

本願寺ラジオ「みほとけとともに」で法話をします。

パーソナリテイーはジャズシンガーで奈良のお寺の坊守さんでもある

徂徠真弓さんです。

 

法話の講題は「いのちに向き合う」です。

私が関わっている自死の問題についてのお話をしています。

 

10月にご本山の社会部から頼まれて録音したもので、

放送をさっき気づきました。笑

12月の毎週、日曜日、朝5:10からの放送ですが、

地域によって異なるようです。

 

ご本山のHPからも聞けるようですので、

ご興味のある方は、是非、アクセスしてみてください。

http://broadcast.hongwanji.or.jp/html/radio.html

私自身がまったくどんな内容が確認していないので、

怖いのですが・・・

 

早起きされる方は是非どうぞ☆☆

インフルエンザが流行仕始めしたので、

皆様、くれぐれもご自愛下さいね。

 

では、また次回まで。。

ごきげんよう〜☆☆

  

 

 

        

 

 

 

             

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>



NEW ENTRIES